キジログ@愛

キジちゃんがその隠しきれないバード愛について語るブログ

雪だるま

昨夜は雪が降りました。朝になっても溶けていない雪を見て私は、数年前に関東地方を襲った大雪の事を思い出しました。

その時はまったく仕事にならなくて営業社員は全員事が務所待機を命じられました。なぜだか、変にそわそわする面々。みんなで一緒に昼飯を食べに行くなんてとても久し振りの事でした。

 

今朝は久し振りのバス通勤を余儀なくされました。

慣れないバスに揺られながら漠然と窓の外を眺めてみると、至るところで雪かきをする大人達の姿があります。大人達はみんな真顔でした。それはそうでしょう。雪かきなんて面白くもなんともありません。無駄な作業がひとつ増えただけ。

都会に降る雪なんて大人になると面倒としか思いません。車には乗れないし、電車は止まるし。靴もスーツも汚れる。寒い。

 

f:id:gibraltar_may_tumble:20180123190522j:plain

 

でも昨日の深夜に一人、夜空を覆う大量の雪を眺めていたらなぜか子供の頃のことを思い出しました。

幼稚園の時に降った大雪、小学生の頃に降った大雪、中学の頃、高校の頃。私にはいろいろな雪の思い出があります。それはいずれも楽しかった思い出。

 

いつの頃から私は雪が嫌いになったのだろう。

大人になった?いや、違う。私の心に余裕が無くなってしてしまっただけだ。そして子供心を失ってしまったのだ。

 

f:id:gibraltar_may_tumble:20180123192553j:plain

 

外回りの営業中に、足下の邪魔な雪をかき集めて雪だるまを作ってみました。

・・・なんだか楽しかった。それにしても何年ぶりだろうか。

 

数名いた社員の大半が去り、営業車が減って、空きスペースのできた会社の駐車場で、近所の子供たちが雪遊びをしていました。顔に慢心の笑みを浮かべ、雪合戦やら、雪だるまやら。たのしいねー!なんて言いながら。無邪気な子供たち。

 

大人になる為に、子供心を捨てる必要なんてないのです。結局は楽しく生きれば勝ち。これからの私は子供に交じって雪だるまを作れるような、そんな楽しい大人になりたいと考えている。

たとえ今は余裕が無くても、失った心は、少しずつ取り戻せるのだと信じて。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・あ、最後に私が今日仕事中に某歓楽街で見かけた「楽しいオトナ」が作り上げたらしき雪だるまを貼っておきますね。オマエラこんなん作るような大人にはなるなよ!!

つーワケで、じゃあの!(なお今回の写真は全て本物です。お話はフィクションです。)

f:id:gibraltar_may_tumble:20180123192242j:plain
コ¨コ¨コ¨コ¨コ¨コ¨コ¨コ¨・・・・・