キジログ@愛

キジちゃんがその隠しきれないバード愛について語るブログ

雨の日と紫陽花と蝸牛と

紫陽花(あじさい)が好きなので、見かけるといつも写真を撮ります。

スマホの画像フォルダには、日常のなんてことのない画像と共に、過去何年か分の紫陽花の写真が入っています。

 

***

 

何年か前のこの時期に、鎌倉の長谷寺に行きました。

紫陽花で有名なお寺です。そこは花を見る人で溢れていました。

並んで順番を待ち、紫陽花通路とでも言ったような順路を列を成して歩きます。

旧いフィルムカメラを携え、紫陽花の写真をたくさん撮りました。

https://www.instagram.com/p/BjUs1RLFw4f/

家の近くにある公園には、毎年たくさんの紫陽花が咲きます。

昔からこの時期にはいつも、公園に広がる一面の紫陽花を見ていて、子供の頃はこれと言った感慨もなかったのだけれど、いつの頃か、自分は紫陽花が特別に好きである事に気が付きました。

公園の紫陽花にはよく蝸牛(カタツムリ)が付いていて、子供の頃はそれを捕って虫籠に入れ、千切ってきた葉っぱやエサとなるキャベツを与えました。

飛び出した目玉を指でつつくと目が引っ込みました。水が蒸発して無くなると、今度は殻に閉じこもって動かなくなります。

このなんとも不思議な生き物を、子供だった私はいつまでも興味深く観察していました。

f:id:gibraltar_may_tumble:20180609114648j:plain

日本にある四季の中で、梅雨は一般に嫌われています。

「夏は暑くて汗をかくからイヤ。冬は寒くて外に出たくない。秋は家で静かにしていたいし、春は花粉が飛んでいるでしょう?」

それなら梅雨はどうなの。そう聞いたら、

「かわいい傘とレインコートを着るからいいの。長靴も、お気に入り」

私にはよく分からない価値観だけど、いいならそれでいいのかな。

住宅街の一角で、雑多に咲いている紫陽花の写真を、私は今日も撮りました。

どこにでもある、なんてことのない花だけど、だからこそ好きなのかも知れません。

億劫がって何年も現像に出していないこのフィルムには、いつかの、なんてことのない、素敵な光景が焼き付いていることでしょう。

その花を愛するように、私はただ、そんな普通を愛せればいい。

・・・どうだろう、今から鎌倉に行ってみない?

雨の日だからさ、電車に乗って、のんびりと。

そうそう、エスカルゴって美味しいらしいよ。え、それはイヤ?

とにかくさ、そのお気に入りの長靴を履きなよ、ほら。

 

***

 

雨の日だからこそ、外に出て過ごしてみるのはいかがでしょうか。

その際は虫籠と童心とを、どうぞお忘れなく。

https://www.instagram.com/p/BjusHPrFjh6/

 

今週のお題「雨の日の過ごし方」(※お話しはフィクションです)

画像出典:アジサイとカタツムリ 市川市動植物園の入口にて | まちメモ市川駅版